男の人

遺品整理はしっかりしよう┃遺族のトラブルを避けよう

残された品の整理法

和室

仕分けは遺族全員で

人が亡くなると、その人の持ちものが残されることになります。それらは、故人が大切にしていたり、遺族にとって思い出となる品、反対に使い道のない不用品に分けられます。仕分けは遺族がすることになりますが、西宮では遺族の一部が勝手に遺品整理をし、後で他の遺族とトラブルになる、といったケースも少なくありません。こうした問題を避けるためには、遺品整理に着手する前に必ず遺族全員が集まり、相談することをおすすめします。残された遺品を全て明らかにし、そのうえでそれぞれの意見を尊重しつつ、一つ一つ仕分けしていくのです。簡単な作業ではありませんので、普段忙しかったり、西宮から離れた場所に住んでいる遺族も含め、全員が集まれる休日などを利用し、しっかり時間をとって行いたいものです。

生前に行うメリットとは

このような遺品整理全般の作業は、かなり大変なものになることが多いです。ですので、少しでも負担を減らす工夫が必要になるでしょう。そうした工夫の中でも、西宮において注目されているのが生前の遺品整理です。まだ本人が元気なうちに、遺品整理をすませてしまうのです。この方法のメリットとしてはまず、早いうちに行うことで死後、遺族に負担がかからないことが挙げられます。時間的にも精神的にも余裕を持って行えるので、より効率的で満足度の高い遺品整理をすることができるでしょう。また、本人の意向が尊重できることもメリットです。遺品整理においては、捨てられない品、捨てづらい品が出てくることが多いです。本人に判断してもらうことで、わだかまりもなくなり、スムーズに仕分けしていくことができます。西宮では、生前の遺品整理のアドバイスや作業をしてくれる業者がありますので、早めのうちに相談しましょう。

サイトリンク集

  • 株式会社金森商店

    西宮で遺品整理に対応している業者はここにあります。作業の手間をなくしたいという場合に便利なので相談をしてみよう。
  • REAL Japan

    故人の私物を片付けるなら東京の遺品整理業者を頼りましょう。プロの技で、スピーディーに作業を進めていきます。
  • ハロークリーンセンター

    遺品整理は西宮で行なうことをオススメします。専門業者が迅速に対応してくれるので、遺族の手間が省けますよ。
  • 想心セレモニー

    葬儀を東京で行なうときには、遺族の要望を全て取り入れる葬儀社を選びましょう。大きなサポーターとなります。

家族のみでしめやかに

花

家族葬は現代の人間関係や高齢化などの影響で執り行う数が増えています。故人の考えや、家族・遺族・親戚などとも相談することが大切です。身内だけで行う家族葬は、しきたりやマナーなどにとらわれないスタイルで近年増えています。

もっと読む

危篤と、その後の手続き

線香

東京などで家族の危篤を知らされたときは一刻も早く身内や3親等までの親族、友人、知人に知らせなければなりません。早朝や深夜などでも遠慮なく正確な情報を連絡します。そして亡くなったばあいは葬儀を行うために死亡届や火葬許可書などを交付してもらいます。これらは死亡してから7日以内に提出しなければなりません。

もっと読む

お葬式話をしよう

葬儀

お葬式にも様々なスタイルが存在します。しかしいざという時の準備をしている人はごく僅かです。今の時代「お葬式」は避ける話題ではありません。自分らしい葬儀を出す為に、事前に家族と話し合っておきましょう。ネットなどを上手に活用し、東京にある斎場の中から、あなたにピッタリの会場を選びましょう。

もっと読む