蝋燭

遺品整理はしっかりしよう┃遺族のトラブルを避けよう

家族のみでしめやかに

花

近年のお葬式のかたち

近年、葬儀のスタイルは細分化され、いろいろなお葬式が行われるようになりました。家族葬は家庭葬とも呼ばれ、最近増えてきたお葬式の形の一つです。家族が亡くなると、親戚に知らせを出し、来られる人がおさまる大きさの葬儀場を借りて行います。葬儀社が仲介となり、家の宗教にのっとった法要いっさいを執り行います。葬儀社はプロですので、すべてをまかせておけばつつがなく式は終了しますが、費用はそれなりにかかります。家族葬でも葬儀社が執り行うのは同じですが、規模が小さい家族中心の葬儀ですので、費用があまりかからないというメリットがあります。家族葬で執り行いという故人の遺志や、親戚が遠くに住んでいる場合など、家族葬で行う場合があります。

高齢化や核家族の影響も

家族葬が増えてきた背景には、高齢化があります。高齢化で亡くなる方の年齢が上がると、必然的に参列者の年齢も上がります。また、故人の友人や知人、同僚なども亡くなっている場合や、親戚が遠方にいることや、参列者が少ない場合、こじんまりとしたお葬式で見送ってほしいという希望をもたれる方が増えていることがあげられます。家族葬の場合、宗教やお葬式の一般的な形式にとらわれることなく、家族や遺族・個人の遺志にのっとった形でお見送りすることが可能です。家族葬は家族だけで静かに見送るというものですが、呼ばれなかった親戚や知らなかった方々から「どうして知らせてくれなかった」と言われたり、葬儀の後で知った方が続々と弔問に来られるという可能性もありますので注意が必要です。